【2018年最新】JimdoとWixを項目ごとに徹底比較!違いをしっかり押さえておこう

JimdoとWixは、ホームページ作成サービスの中でも特に人気のサービスで、比較されることの多い二大サービスです。

とはいえ、初心者の方には2つのサービスの違いがよく分からないと思います。

きちんと比較せずにホームページを作ってしまうと、後で後悔してしまう可能性がありますね。

そこで、この記事ではJimdoとWixの項目ごとの比較を詳しくご紹介していきたいと思います。

厳選!ホームページ作成におすすめのサービスまとめ

Jimdoとは

Jimdoとは、初心者でも簡単にホームページを作ることができるサービスです。

自分でWebサイトを作ろうと思うと、レンタルサーバーやドメイン取得、コーディングなど様々な知識が必要となりますが、Jimdoであれば難しい知識が無くてもあっという間にホームページを作ることができます。

Jimdoの長所・短所を徹底分析!おすすめの料金プランは?

Wixとは

Wixは、Jimdoと同様に難しい知識が無くてもホームページを作ることができるサービスです。

Jimdoとよく比較される場合がおおいですが、WixはJimdoよりもカスタマイズ性に優れていて、より細部までこだわってホームページを作ることができます。

ただし、その分初心者の方には少し難しく感じてしまう可能性があるので、注意が必要です。

ハイクオリティなホームページが作れるWixとは?おすすめの料金プランも解説!

JimdoとWixの比較

JimdoとWixには様々な違いがありますが、今回は下記の項目に絞って比較していきたいと思います。

  • 料金プラン
  • デザインテンプレート
  • 使いやすさ
  • カスタマイズ性
  • 機能
  • サポート

デザイン性の違いや機能の違いなどは、ホームページを作る上で注意しておかないと公開後にサービスを変えなければならなくなってしまう可能性などもあるので、登録前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

JimdoとWixの料金プランの比較

JimdoとWixでは、それぞれ無料プランと有料プランが用意されています。

有料プランは、どちらのサービスもお手頃価格で提供されているので、お金と時間をかけずにホームページを作りたい場合にはどちらもおすすめです。

では、無料プランと有料プランの2つのサービスの違いを見ていきましょう。

JimdoとWixの無料プランの比較

JimdoもWixもそれぞれ無料でホームページを作ることができます。

Jimdo Wix
初期費用 無料 無料
月額費用 無料 無料
広告の非表示
独自ドメイン
データ容量 500MB 500MB
帯域幅 2GB 500MB
SSL

どちらもほぼ違いはありませんが、Wixの方が「帯域幅」に余裕があります。

帯域幅というのは、複数の訪問者が同時に利用できるデータ量の合計を表したもので、これが大きいほど複数人が同時にアクセスした時でも安定した通信を維持することができます。

無料プランを利用する時にアクセスが多く見込まれる場合は、JimdoよりもWixにしておいた方がよさそうです。

JimdoとWixの有料プランの比較

Jimdo、Wixはそれぞれ複数の有料プランが用意されています。

広告の非表示、独自ドメインの使用が目的であれば最低限のプランで問題ありませんが、コンテンツのボリュームが多い場合や、アクセス数が多く見込まれる場合は上位プランを選んだ方がいいでしょう。

JimdoとWixの有料プランの比較は下記の通りです。

Jimdo Wix
プラン Pro Business コンボ 無制限
契約 年間契約のみ 年間・月間契約から選択
初期費用 無料 無料 無料 無料
月額費用 ¥945 ¥2,425 ¥841 ¥1,267
広告の非表示
独自ドメイン
データ容量 5GB 無制限 3GB 10GB
帯域幅 10GB 無制限 3GB 無制限
SSL

Jimdoは年間契約のみ

Wixは年間契約と月間契約から選択することが可能ですが、Jimdoは年間契約しか対応していません。

そのため、Proプランでも945円×12ヶ月=11,340円が最初に必要となります。

試しにホームページを作りたいという場合でも、いきなり1万円以上の出費が必要となるので、注意しなければなりません。もちろん無料プランが用意されているので、試しにホームページを作る場合は無料で作成することができます。

無料の独自ドメインサービス

JimdoとWixではそれぞれ無料で独自ドメインを取得して利用することができるサービスが用意されています。

Wixの場合は年間プランに登録しなければ独自ドメインを無料で取得できないという点には注意が必要です。

もちろん、どちらも2年目以降は有料となってしまい、独自ドメインの利用料が発生してしまうので注意が必要です。

ポイント
  • Jimdoは年間契約プランしか提供していない
  • Wixも年間プランに登録しなければ独自ドメインを無料で利用できない

JimdoとWixのデザインテンプレートの比較

ホームページは、目的やターゲットに合わせて最適なデザインにする必要があります。例えば、企業のホームページを作成する場合は、信頼感のあるデザインテンプレートであったり、イベントのホームページであれば、参加したくなるような魅力的なデザインが最適なデザインとなります。

イメージにぴったりのデザインのホームページを作るためには、できるだけ多くのテンプレートから選択できた方がいいですね。

JimdoとWixのデザインテンプレートの種類はそれぞれ下記の通りです。

デザインテンプレートの種類
  • Jimdo:40種類
  • Wix:500種類以上

Jimdoは40種類のデザインテンプレートが用意されていて、それでも十分ですがWixはなんと500種類以上のデザインテンプレートが用意されています。

500種類もあれば、誰でもイメージにぴったりのテンプレートが見つかりそうですね。

JimdoとWixの使いやすさの比較

JimdoとWix、どちらもコードを書かなくても簡単にホームページを作ることができますが、より初心者に使いやすいのはJimdoです。

機能がシンプルで初心者の方でも簡単に扱うことができ、直感的な操作で思い通りのホームページを作ることができます。

Wixはカスタマイズ性の高さが魅力のホームページ作成サービスですが、その分機能や操作が複雑になってしまい初心者の方には少し難しく感じるかもしれません。

なるべく難しいことを行わずにホームページを作りたいという場合はJimdoでホームページを作ることをおすすめします!

JimdoとWixのデザインのカスタマイズ性の比較

どちらも豊富なデザインテンプレートが用意されていますが、テンプレートを使っているとどうしても細かな調整を行いたくなってしまいます。

それぞれ基本のテンプレートからデザインをカスタマイズして編集することができますが、カスタマイズできる内容に違いがあるので注意が必要です。

Wixは細かいカスタマイズが可能

Jimdoではテキストの色やスタイル、背景色などを変更することができますが、位置の調整を行うことができません。

一方で、Wixではテキストの位置や幅、傾き、配置など細かく調整することができます。

デザインの自由度は向上しますが、むやみに編集してしまうとデフォルトの状態よりも悪化してしまう場合があるので、編集には注意が必要です。

Wixはアニメーションが設定できる

Wixは、最近のホームページでよく見られるアニメーション付きのホームページを作ることができます。

例えば、スクロールに合わせてふわっとコンテンツが表示されるような演出や、左右からコンテンツが登場するようなアニメーションを適用することができます。

アクセスした人に見てもらいたい情報にアニメーションを使えば注意を引くことができますし、スクロールに合わせてコンテンツにアニメーションを適用すれば、ホームページを魅力的に見せることができます。

Jimdoの独自レイアウト機能

Jimdoでは、HTMLとCSSを使って独自レイアウトを作成することができます。

思い通りのレイアウトを作るためにはWeb制作の知識が必要となりますが、とことんこだわってオリジナルのホームページを作成することができるのは大きなメリットですね。

ただし、自分でHTMLとCSSを書くとなると、ホームページ作成サービスを利用するメリットが半減してしまうため、自身でレンタルサーバーを手配してホームページを公開してもいいかもしれません。

JimdoとWixの機能の比較

どれだけ低価格で利用できてデザインのカスタマイズができても、ホームページに必要な機能が不足していると成立しません。

企業のホームページであれば問い合わせフォーム、美容院のホームページであれば予約フォームなど、それぞれのホームページにどんな機能が必要なのかを考えてホームページ作成サービスを選ぶようにしましょう。

Wixは「アプリ」で機能拡張ができる

Wixには、機能を増やすための様々なアプリが用意されています。

例えば、アプリで使えるようになる機能には下記のようなものがあります。

  • 問い合わせフォーム
  • チャット機能
  • 予約フォーム
  • イベントの管理
  • サイト内検索
  • 動画配信

上記のような機能拡張を行えるアプリが300種類以上用意されているので、ホームページに合わせて必要な機能を追加することができ、ホームページでできることの幅が広がります。

一方で、JimdoではWixのアプリに当たるような機能は提供されていないため、テンプレートで用意されている機能しか利用することができません。

JimdoとWixのサポートの比較

ホームページに何かあった時に自分一人では解決できない場合、周りに相談する人がいなければサポートセンターに問い合わせを行う必要があります。

JimdoとWixのサポート内容はそれぞれ下記のようになっています。

Jimdo Wix
電話サポート
問い合わせフォーム

電話サポートが受けられないため、解決に時間がかかってしまいます。どちらも有料プランの場合は優先的に問い合わせに対応してくれるため、サポートを有効活用したい方は有料プランに登録した方がいいでしょう。

JimdoとWixの総合的な比較

ここまでJimdoとWixの違いについてご説明してきました。最後に、それらの違いを踏まえてJimdoとWixがそれぞれどのような方、どのような場合におすすめなのかをご説明します。

初心者にはJimdoがおすすめ

Wixは細かなカスタマイズやデザインの調整が可能ですが、その分初心者には少し扱いにくくなってしまっているように感じます。

初めてWebサイトを作るという方や、PCに慣れていない方には初心者でも簡単にホームページが作成できるJimdoの方がおすすめです。

Jimdoの長所・短所を徹底分析!おすすめの料金プランは?

中上級者にはWixがおすすめ

例えば、デザインを細かく調整したり、アニメーションを設定したり、アプリで機能拡張を行えるなど、カスタマイズすることで思い通りのホームページを作りたいという方にはWixがおすすめです。

ただし、初心者の方には少し難しく感じてしまうため、思い通りのホームページが作れなかったり、途中で挫折してしまう可能性もあります。

ハイクオリティなホームページが作れるWixとは?おすすめの料金プランも解説!

まとめ

JimdoもWixも、お金も費用もほとんどかけずに、初心者の人でもあっという間にホームページが作成できてしまいます。

もちろんそれぞれ制限がかかってしまいますが、簡単なホームページであれば自分で0から作るよりもJimdoやWixのようなサービスを利用した方が圧倒的に便利ですね。

デザインにこだわりたい方はSTUDIOがおすすめ

JimdoもWixも豊富なテンプレートが用意されていますが、それらのカスタマイズではデザインの自由度が低く、オリジナルデザインのホームページを作るには機能が不足しています。

ホームページ作成サービス「STUDIO」であれば、デザインツールを使って自分でホームページのデザインを作って、コーディング無しでそのまま公開することができてしまいます。

Webサイトを自分で作る知識はないけれど、デザインにこだわってホームページを作りたいという方にはSTUDIOがおすすめです。

オリジナルデザインのホームページが簡単に!STUDIOとはどんなツール?

Ameba Owndも最近人気

Ameba Owndは、サイバーエージェントが提供するホームページ作成サービスです。サービスの内容はJimdoやWixとよく似ていますが、デザインテンプレートのクオリティが高く、日本のサービスということもあり利用者が増えているサービスです。

JimdoとWixのどちらにするか悩んでいる方は、Ameba Owndを検討してみてもいいかもしれません。

無料で独自ドメインが利用可能!Ameba Owndで作る簡単ホームページ 厳選!ホームページ作成におすすめのサービスまとめ