ネットショップの集客をブログで実現する方法

ネットショップを作ったけれど、ほとんどアクセスされない。。というのは、多くのネットショップ運営者がぶつかる壁です。

ショップを作りたての頃は、検索流入や口コミでお客様にサイトまで訪れてもらうことが難しく、なかなか売上までつながらないものです。

そこで、おすすめなのがブログで集客を行うという方法です。

商品を販売するだけでなく、ショップ側から情報発信することによってより多くの人にネットショップの存在や商品の魅力を知ってもらうことができます。

この記事では、ネットショップがブログを活用して上手に集客するための方法をご紹介しています。

ネットショップの集客

ネットショップで商品を販売するためには、まずお客さんにサイトを訪れてもらわなければなりません。

主な流入経路としては、下記のようなものがあります。

  • 検索エンジンからの流入
  • 保有サイトからのリンク
  • ブログによる集客
  • SNSからの送客
  • 広告の出稿

検索エンジンからの流入は、ネットショップの知名度がめちゃくちゃ高くなってきたり、競合がほとんどいないような珍しい商品を扱わなければ期待することはできません。

戦略的にSEO対策を行って検索上位に表示されるように施策を行っていけば結果は出るかもしれませんが、それなりに時間がかかってしまいます。

広告の出稿がもっとも直接的に流入を増やすことができるかもしれませんが、それに見合った費用が必要となってしまいます。広告の出稿も、ある程度知識がないと難しいので初心者が広告に手を出すのはあまりおすすめできません。

そこで、初心者の方でもネットショップの集客が可能で、かつ短期間で効果の出しやすい方法として、ブログによる集客がおすすめです。

ブログの更新って難しそう。。と思うかもしれませんが、ネットショップのブログには決まり文句や書く内容というのがほとんど決まっています。

なぜブログでの集客が有効なのか

ネットショップで伝えきれない情報を伝える

ネットショップでは、商品ごとの魅力や特徴を伝えることはできても、それ以上の情報を伝えようと思うとなかなか難しくなってしまいます。

ネットショップ上では伝えきれない情報、例えば商品ごとの違いだったり、その商品が生まれた背景、どういう人にその商品を使って欲しいのかなど、

ブランディングに活用する

ネットショップだけでは、なかなか販売者の情報などが見えづらく、商品を購入する時のハードルになってしまったりします。

ブログで商品の情報だけでなく、ショップ自体の情報だったりオーナーの情報など「販売者」の情報を発信していくことによって、お客様に安心して商品を買ってもらうことができるだけでなく、販売者の考え方や背景などを知ることによって商品が欲しくなるというケースもあります。

ブログで集客を行うデメリット

時間がかかってしまう

ブログというのは、慣れてしまえば簡単に書くことができますが、新しくブログを作って、デザインも凝って、などブログを始めるまでは少し時間がかかってしまいます。

ネットショップの運営にある程度時間を割く事ができる人であれば、ブログに時間を使うこともできるかもしれませんが、あまり時間が取れない方は色々なことに手を出すよりも、ネットショップ自体の運営にしっかりと時間を使った方がいい場合もあります。

ネットショップ運営にどれだけ時間を使うことができるのか、本当にブログの更新に使える時間があるのかを考えてからブログを始めるのがいいかもしれませんね。

中途半端では全く効果が出ない

ブログは、作りたての頃は検索エンジンからの流入もほとんど期待できず、ある程度コンテンツが増えてきたタイミングでアクセス数が伸び始めます。

そのため、ブログを始めてすぐの頃はかける時間に対して結果が伴わない場合が多く、ここで挫折してしまう人も少なくありません。

すぐには結果が出なくても、コツコツ積み重ねていくことが大切なので、根気強く続けてみてください。

ただし、ブログの書き方や内容が適切でないといくらやっても全く効果が出ない場合もあります。ある程度ブログの更新などを行ったことのある人が周りにいれば、早めに相談してみるといいですね。

おすすめのブログサービス

様々なブログサービスがありますが、ネットショップのブログにおすすめなのは下記のサービスです。

  • はてなブログ
  • アメーバブログ

たくさんあるブログサービスの中でも「はてなブログ」と「アメーバブログ」がおすすめの理由は、ユーザー同士のコミュニティが確立されているという点です。

簡単に言うと、ブロガー同士の繋がりやコミュニケーションが活発で、検索エンジンからの流入だけでなく、他のブロガーにもアプローチができるという特徴があります。

ブログ=検索流入と思いがちですが、実際は読者を増やしたり、SNSをフォローしてもらったり検索流入以外の所で読者を増やすことがとても重要になります。

はてなブログ

はてなブログは、今最も人気のブログサービスで、初心者でも簡単にブログを始められるサービスとして多くの人が利用しています。

はてなブログには「読者」という機能があります。読者とは、はてなブログのアカウントを持っていれば誰でも登録することができ、読者に登録しているブログの最新情報がメールやアプリで通知されるようになります。

新しく記事を公開したら読者に一斉に通知を見てもらうことができるので、読者を増やすことが、ブログのアクセス数アップに大きく影響します。

また、それだけでなく読者が多いブログというのはユーザーの注目を集めやすく、ブログの地位も高まります。

人気のブログサービス「はてなブログ」とは?長所や短所のまとめ

アメーバブログ

アメーバブログもはてなブログと同様に、ユーザー同士の交流が活発なブログサービスです。

最近では、Ameba Owndというアメーバが運営する別のブログサービスも登場していますが、多くの人にブログを読んでもらうことが目的であれば、アメーバブログを使った方が読者を多く獲得することができます。

アメーバブログはブログの「フォロー機能」があり、多くのフォロワーを集めることによって新しく記事を公開した時にアクセス数を増やすことができます。

フォロワーを増やすためには、まず自分から他のブログをフォローすることが大事です。自分のネットショップと近いジャンルのブログを書いているブログをフォローすることで、その人がフォロー返しをしてくれたり、ネットショップを気に入ってくれて商品を購入してくれるかもしれません。

また、記事の中でフォローを促したり、もっと読みたくなるようなコンテンツを発信していくなど、フォロワーを増えるような工夫を行いながらブログを更新するようにしましょう。

アメーバブログは他のブログサービスとどこが違う?長所や短所を解説!

ブログの書き方

「ブログを書く」と言われても、どうやって書けばいいのか分からないという方も少なくないはずです。

ブログの書き方にはある程度決まったフォーマットが存在していて、そのフォーマットに合わせて書いていくことによって効果が出やすくなります。

商品の魅力を伝える

まず、ネットショップのブログを書く上で最も重要なのが商品の魅力を伝えるということです。

商品の魅力を最大限伝えるためには、下記のような情報を盛り込むことが大事です。

  • 商品の特徴(他と違う所)
  • 商品の写真
  • どんな人におすすめの商品なのか

商品の写真は重要

商品の写真については、「引き」の写真で商品のイメージを伝え、「寄り」の写真で商品のディテールを知ってもらうことが大切です。

ブログとは関係なく、ネットショップにおいて商品の写真を撮影するときは時間を惜しまず、なるべくクオリティの高い写真を撮影して掲載することが重要なので、売上を伸ばすためには商品写真の撮影には力を入れた方がいいですね。

類似商品との違いを強調する

オリジナルの商品を扱っている場合は、他の商品との違いを強調し、「差別化」を徹底的に行うことが大事です。

  • なぜその商品が魅力的か
  • 他の商品とどういった所が違うか
  • その商品だけのオリジナリティはどこか

など、お客様にしっかりと商品の魅力や個性が伝わるよう、時間をかけて文章を練り込みましょう。

ユーザーの悩みを解決する

次にネットショップのブログによく見られる手法が「ユーザーの悩みを解決する」という書き方です。

例えば、「石鹸」をネットショップで販売する場合を考えてみましょう。

その商品が肌の荒れが起こりづらいというのが売りの商品であれば、「肌荒れにもう迷わないための石鹸」であったり、「肌荒れでお困りの方におすすめの石鹸」など、お客さんの具体的な悩みを解決するというアプローチで記事を書くことによって、商品に興味を持ってもらえる確率が高くなります。

販売している商品によってはこの切り口でブログを書くことは難しいかもしれませんが、メインターゲットにしたいユーザー像に対して、どういう場面でその商品が役に立つか、なぜその商品がおすすめなのかを伝えることによって、お客様により強くその商品が欲しいと思ってもらうことができます。

参考になる人気のショップブログ

ここでは、すでにブログによる集客に成功しているネットショップが提供しているショップブログをご紹介したいと思います。

記事の書き方や、写真の使い方など、様々なテクニックが使われているのでぜひ参考にしてみましょう。

北欧、暮らしの道具店

こちらは、ネットショップを上手に運営している代表例となるショップで、よくネットショップの参考例として紹介されます。

ネットショップのデザインからコンセプトまで、しっかりと凝られていてつい買ってしまいたくなるような雰囲気が演出されています。

Re:CENO(リセノ)

こちらはインテリアを扱う人気のネットショップです。

サイト自体もとてもしっかりと作られていますが、ブログを書いて積極的に情報発信を行っていて、多くの人がそのブログを読んでいます。

ブログの内容は商品の魅力であったり、上手な活用法、理想的な暮らしをイメージするようなコンテンツが多く、商品を購入することによって、自分もその暮らしが実現できるというイメージが湧くような記事が書かれています。

購入後のイメージができるようなコンテンツを発信すると、お客様の購入意欲を促進することができるため、潜在顧客の獲得と売上げアップに期待することができます。

Ungrid official west shop

こちらはネットショップではなく、実際の店舗を持つアパレルショップが運営しているブログです。

実際にショップ店員が着ているおすすめのコーディネートが紹介されていて、洋服を購入した時のイメージが湧きやすく、多くの人に読まれています。

店長や店員の人間性を出せるのであれば、そういった部分をブログに出していくことでお客様も安心して商品を購入することができます。

まとめ

ブログで集客を行う場合、すぐに結果が出ないことも多く、途中で挫折してしまう人も少なくありませんが、根気強く続けていると費用をかけずにネットショップ集客することができる強力なツールになり得ます。

書き方が分からないという方や、何を書いたらいいのか分からないという方も、ブログを更新しているうちに徐々にコツが掴めるようになります。

計画的にネットショップを運営していきたいと考えている方は、ブログを使った集客に挑戦してみてください。

2020年版!おすすめのネットショップ作成サービスまとめ 2018年版!おすすめの無料ブログ作成サービスの特徴と比較