STORES.jpは使いやすい?評判や料金プランなど徹底解説!

STORES.jpは初期費用・月額費用0円でスタートできる人気のネットショップ作成サービスです。

ネットショップを作ると言われると難しいイメージがあるかもしれませんが、STORES.jpを使えば初心者でも簡単にネットショップを作ることができて、あっという間に販売を開始することができます。

この記事では、STORES.jpの長所や短所、料金プランや手数料などを詳しくご紹介していきます。

STORES.jpとは

STORES.jpとは、2012年に登場したネットショップ作成サービスです。

これまでに700,000以上のネットショップがSTORES.jpを利用して公開されており、使いやすい管理画面で初心者でも使いやすいことが、STORES.jpの人気の大きな理由の1つですね。

最短2分でネットショップを作ることができると公式サイトに書かれていますが、その通りあっという間にネットショップを作ることができます。

フリープランであれば初期費用と月額費用が0円なので、まずは登録して管理画面の使いやすさを体験してみるのがおすすめです。

STORES.jpの評判

STORES.jpはどのようなサービスなのでしょうか。Web上での評判をまとめてみました。

STORES.jpの特徴・メリット

まずはSTORES.jpの魅力的な点からご紹介します。

利用者数が多い

これまで700,000店舗以上のネットショップがSTORES.jpを使って作られており、ネットショップ作成サービスの中でも非常に人気の高いサービスの1つです。

現在でも、毎月1万店舗以上が新しく販売を開始しているとのことで、多くの人に支持されているということが分かります。

利用者数が多いと機能追加が頻繁に行われたり、Web上で公開されている情報が多かったりするなど、運営者にとって様々なメリットがあります。

管理画面が使いやすい

STORES.jpは比較的新しいサービスということもあり、管理画面が使いやすくデザインされています。

ネットショップを運営する上では、商品登録や出荷のステータス管理など管理画面を使って行う操作がたくさんあります。使いやすい管理画面であれば、初心者の人でもスムーズに作業を行うことができるので、とても嬉しいポイントですね。

Instagramと連携できる

最近の若者の間では常識になりつつある、Instagramからの販売を無料で行うことが可能です。Webサイトだけではどうしても流入が限られてしまいますが、Instagram上で多くのフォロワーを獲得することができれば、多くの人に商品を見てもらえるようになります。

Instagram連携機能を使うと、1日1回自動的に投稿へ反映されるようになり、アイテムの追加やセール価格がすぐに反映されます。

Instagramによる審査が必要となりますが、一度審査が通ってしまえば後は商品をタグ付けして投稿するだけなので、ほとんど手間はかかりません。

手数料がBASEよりも安い

STORES.jpの場合はフリープランの場合5%、スタンダードプランの場合3.6%となっています。

比較されることの多いBASEBの決済手数料は6.6%+40円なので、STORES.jpの方が圧倒的にお得な決済手数料で利用することができます。

例えば、500円のものを販売した場合、BASEは決済手数料が73円であるのに対し、STORES.jpはフリープランで25円、スタンダードプランであれば18円しか決済手数料がかかりません。

単価が低いものが多いショップや、売上が多くショップはBASEよりもSTORES.jpでネットショップを運営した方がお得に利用することができます。

STORES.jpのデメリット

ここまでメリットをご紹介してきましたが、STORES.jpのデメリットも確認しておきましょう。

振込が売上の翌月末

STORES.jpで発生した売上の入金タイミングは、「月末締め・翌月末払い」です。

7月1日に発生した売上の振込タイミングが8月31日となってしまうので、入金まで最大2ヶ月かかってしまうこととなります。

STORES.jpの入金サイクルを短くする方法

実は、STORES.jpでは入金サイクルを短くすることができる「スピードキャッシュ」というサービスが提供されています。

これを利用すると、最短で申請の翌日に売上を振り込んでもらうことができます。

手数料が3.5%かかってしまいますが、これもスタンダードプランであれば1.5%で利用できるというとても魅力的なサービスです。

売上が少し減ってしまうのがデメリットですが、それでも1.5%の手数料で翌日に振り込んでもらえるというのはとても便利です。

さらに、STORES.jpは「決済」が完了したタイミングで売上計上となるので、商品発送前でも注文直後にスピードキャッシュを申請すれば翌日に売上を振り込んでもらうことができ、キャッシュフローが良いという特徴もあります。

STORES.jpの料金プラン

STORES.jpは、無料で利用できるフリープランと有料のスタンダードプランが用意されていて、大きな違いは下記の表のようになっています。

フリープラン スタンダードプラン
月額費用 0円 1,980円(税別)
初期費用 0円 0円
決済手数料 5% 3.6%
アイテム登録数 無制限 無制限
アイテム写真枚数 15枚 15枚
代引き
Amazon Pay
決算手段カスタマイズ
アクセス解析
独自ドメイン
STORES.jpロゴ非表示

決済手数料の違いやSTORES.jpロゴの非表示、独自ドメインの使用など、本格的にネットショップを作成したいと考えている方はスタンダードプランがおすすめです。

STORES.jpはスタンダードプランに登録すべき。その理由とは?

今なら決済手数料0%キャンペーン実施中!

STORES.jpでは、現在決済手数料が0%になるキャンペーンを実施中です。

月額費用も初月は無料なので、最初の1ヶ月間はスタンダードプランのフル機能を月額料金、決済手数料0円で利用することができるため、非常に魅力的です。

初めてネットショップを始める人や、他のネットショップ作成サービスからSTORES.jpへの乗り換えを検討されている方は、1ヶ月間STORES.jpでネットショップを運営してみてはいかがでしょうか?

STORES.jpで決済手数料が0%になるキャンペーン実施中!

まとめ

2019年7月の大幅リニューアルによって、フリープランは商品登録数が無制限となり、使える機能が大幅に増えました。

また、プレミアムプランの代わりに登場したスタンダードプランは決済手数料が3.6%となり、運営者にとって使いやすい料金設定になりました。

多くのネットショップ作成サービスが登場していますが、ぜひ初期費用・月額費用0円でネットショップをスタートできるSTORES.jpを使ってみてください。