STORESユーザーなら絶対使うべき10個のおすすめ機能まとめ

STORESは、初心者でも簡単にネットショップを作ることができる人気のネットショップ作成サービスです。

頻繁にアップデートされていて、どんどん機能が追加されていますが、これからSTORESでネットショップを始めるという方はどの機能を使えばいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、STORESでネットショップを運営するならぜひ取り入れたいおすすめの機能をご紹介したいと思います。

【2020年版】STORESの評判や料金プランなど徹底解説!

1. Instagram販売連携

Instagramには、投稿にネットショップの購入ページへのリンクを表示することができる「Shop Now」という機能があります。通常、InstagramはTwitterのようにリンクを設定することができないため、ネットショップの集客をInstagramで行う上ではShop Nowは欠かせない機能です。

STORESの公式発表でも、Instagramからの流入数が増えているという発表があり、これからの時代はInstagramとネットショップをうまく組み合わせて集客を増やし、売上を伸ばしていくというパターンが王道になってくることでしょう。

初期設定は少し複雑ですが、下記の公式マガジンで分かりやすく説明されているので、InstagramとSTORESを連携させる場合はこちらを参考にするといいでしょう。

2. Instagram画像連携

Instagram画像連携とは、ショップにInstagramアカウントを連携することによって、Instagramにアップした画像をそのまま商品画像に使えるようになります。

編集や加工した画像も、簡単に商品画像に指定することができるようになるので、手間をかけずに商品を魅力的に表示することができますね。

また、上記のSNS連携と組み合わせることによって、投稿からショップにアクセスしてくれた人が商品を見つけやすくなるため、お客様にとっても使いやすくなるというメリットがあります。

3. SNS連携

2020年現在、ネットショップの集客力を高めるために欠かせないのがSNSによる集客です。InstagramやTwitterなど、人気のSNSと連携することによってショップの集客力を高め、売上げアップへと繋げることができます。

また、SNSのフォロワーを増やすことによって、投稿経由で商品を注文してくれる人の数を増やし、安定した売上を手に入れることができるようにもなりますね。

STORESにはSNS連携機能があり、サイト上にSNSのリンクを設置することができるようになります。リンクを表示することによって、ショップにアクセスしてくれた人にSNSの存在を知ってもらうことができ、フォローしてもらえたらリピート購入してくれる可能性も高くなります。

STORESでショップを運営するのであれば、一緒にSNSアカウントも作成して、集客力アップを目指すようにしましょう。

4. クーポン機能

クーポンはネットショップの売上を伸ばすためには欠かせない機能の1つです。これまでは有料プランでしか利用できない機能でしたが、2019年のリニューアル以降は無料のフリープランでも利用することができるようになりました。

クーポンは「クーポンコード」と呼ばれるコードを発行し、それを購入時に入力することで、通常よりも安く商品を購入することができるようになります。

SNSでクーポンコードを配布すれば、興味を持って商品を購入してくれる人の数も増えて、売上アップを狙うことができるようになります。

クーポンの種類も豊富で、送料無料クーポンなども発行することができるので、ショップに合ったクーポンの使い方を見つけてみてください。

5. ディスカウント機能

ディスカウント機能とは、その名の通り通常よりも安いセール価格で商品を販売することができる機能です。シーズンや売上の状況に応じてセールを行うことによって、ショップの売上を伸ばし、利益アップを狙うことができます。

セールの効果は一時的なので、ずっとセール価格で販売してしまうと売上増加の効果も薄くなってしまいますが、期間を限定したり特別感を演出することによって大きな効果を上げることができるようになるでしょう。

6. 予約販売機能

予約販売機能とは、販売開始前に予めショップ上に表示しておき、時間になったら自動で販売を開始することができる機能です。

販売開始前にお客様に商品を公開することによって、購買意欲を高め、注文数アップを狙うことができます。

予約販売開始前にSNSで宣伝したり、販売開始のタイミングで改めて宣伝すれば商品を見てくれる人の数を増やすこともできますね。

7. メールマガジン機能

メールマガジンはネットショップを運営する上で、SNSと同じくらい重要な要素となります。

基本的にメールマガジンの購読者は一度商品を購入してくれた人が対象となるため、メールマガジンで定期的に商品情報を発信することによってリピート購入を増やすことができますね。

一般的に、新規顧客獲得コストは高くなると言われているため、リピート購入を促すことによって集客コストを抑えて売上のアップを狙うことができるので、利益を増やすためにはとても大切です。

8. ニュース機能

STORESでは、サイト上でお知らせを発信することができるニュース機能が提供されています。新商品の情報や、メディア掲載の情報など、ショップのための情報を積極的に発信していくことによって、注文数が増えたり信頼感を高めることができます。

手間がかかってしまうと思うかもしれませんが、広告などで集客をするとコストも高くなってしまうので、地道に情報発信をしていくことができれば、コストをかけずに顧客の数を増やしていくことができるはずです。

9. アクセス解析

アクセス解析とは、ショップのアクセス数(表示数)や、どのページが多く見られているのか、どこから流入した人なのかを確認するためのものです。ショップのアクセス解析を行うことによって、どのような経路でお客様が商品を購入してくれる人がいるのかを確認したり、ショップを改善するためのヒントを見つけることができます。

例えば、商品詳細ページへのアクセスがたくさんあるのに商品が全く売れないという場合は、商品情報が不足していたり、お客様の感覚よりも商品の金額が高いといったことが原因かもしれません。

原因を見つけることができれば、それを解決することで売上を大きく増やすことができるかもしれないので、ショップの売上アップを目指したい方はアクセス解析機能を積極的に利用してみましょう。

10. 定期販売機能

定期販売とは、1ヶ月などの決まった期間ごとに一定の料金を支払うことによって、定期的に商品を販売することができる機能です。定期販売の数を増やすことができれば、売上予測も行いやすくなり、安定した収益を得ることができるようになります。

これはサブスクリプションとも呼ばれていて、海外ではお菓子や花、化粧品などのサブスクリプションサービスが日本よりも活発に展開されています。今後サブスクリプションを利用する人の数はもっと増えていくと見られており、早めにサブスクリプションを取り入れておけばその波に乗りやすくなるのではないでしょうか。

STORESではネットショップ初心者におすすめの機能がたくさん提供されている

上記でご紹介したように、STORESではネットショップの集客を強化したり、販売を強化したり、運営効率をアップするための便利な機能がたくさん用意されています。

特に、初心者向けの機能が強力であるという印象があり、初めてネットショップを作るという方にはSTORESはとてもおすすめです。

まずは無料でアカウントを作成して、サイトデザインやどんな管理画面なのかチェックしてみるといいでしょう。

【2020年版】STORESの評判や料金プランなど徹底解説!

STORESについてもっと知りたい方はこちら

STORESのおすすめ機能をご紹介しましたが、ネットショップをどのサービスで作ろうか悩んでいる方向けに、ネットショップ選びの参考情報をご紹介したいと思います。

STORESとBASEの比較

STORESと比較して紹介されることの多いサービスが「BASE」です。BASEも初心者向けのネットショップ作成サービスとして多くの人が利用しています。

似たようなサービスで違いがよく分からないという方も多いかもしれませんが、実は色々な違いがあります。

特に手数料率については、下記のように大きな違いがあります。

手数料率
STORESフリープラン 5%
STORESスタンダードプラン 3.6%
BASE 6.6% + 40円

上記のように、STORESはBASEと比べて手数料率がかなりお得になっていて、手数料率で選ぶなら圧倒的にSTORESの方がおすすめです。

この他にも、STORESとBASEの違いについては下記のページで分かりやすくご紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

2020年最新!BASEとSTORESを徹底的に比較!

STORESとShopifyの比較

Shopifyは世界で1番利用されていると言われているネットショップ作成サービスで、最近では日本展開にも力を入れています。

どちらかというと、Shopifyの方が売上の大きな上級者向けという印象がありますが、様々な角度から比較した結果を下記のページでご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

ShopifyとSTORES.jpを徹底比較!おすすめはどっち?

STORESは集客に問題あり?という疑問への答え

STORESの評判についてネットで調べていると、集客が難しいという声を見かける機会が多いかもしれませんが、実は集客が難しいというのはSTORESに限らずすべてのサービスに当てはまる課題です。

自社サイトでネットショップを展開する場合は、自分で集客を行わなければならないため、そこで諦めてしまった方が集客できないという感想をネット上で公開しているのだと予想できます。

しかし、集客はやらないといけないことを適切に行えば、実はそこまで難しいものではありません。

ネットショップの集客力を伸ばすための対策については、下記の記事を参考にしてみてください。

「STORES.jpは売れない」は集客力に問題あり?具体的な対策とは

その他おすすめの記事

上記の他にも、これからネットショップを作って商品を販売しようと考えている方におすすめの情報を色々と公開しています。ぜひ参考にしてみてください。

2020年版!おすすめのネットショップ作成サービスまとめ 初心者にはこれ!ネットショップサービス徹底比較【2019年最新】 【2020年版】ネットショップの決済手数料ランキングまとめ