BASEの手数料は高い?他のサービスと比較してみた

ネットショップを開設する時に、悩むポイントの1つが手数料です。

手数料は基本的に注文金額に応じて増えていくため、売上規模が大きなショップほど、手数料の影響が大きくなってしまいます。

この記事では、BASEの手数料についての解説と、STORES、Shopifyとの比較をまとめました。ぜひ、ネットショップ開設サービス選びの参考にしてください。

BASEとは

BASEは、初心者でも簡単にネットショップが作成できるサービスです。ネットショップと聞くと難しそうなイメージを持たれる方も多いと思いますが、BASEを使えばとても簡単に、そして時間もかけずにネットショップを作ることができます。

初期費用・月額費用どちらも0円で利用することができ、デザインも自由自在に変更することができるのが魅力のサービスです。

どんなサービスなのか気になる方は、無料でアカウントを作ることができるのでまずは登録してみるのがおすすめです。

【2021年版】BASEの評判や特徴を徹底解説!人気の理由はどこに?

BASEの手数料の計算方法

BASEの手数料は、決済手数料と販売手数料に分けることができ、それぞれ下記のように計算されます。

決済手数料 3.6% + 40円
販売手数料 3%
合計 6.6% + 40円

例えば、10,000円の商品が1個売れた場合は、10,000円の6.6%である660円に40円を加えた700円が手数料となります。

下記が、注文金額に応じた手数料とそれぞれの場合の実質手数料割合をまとめた表となります。

商品価格 手数料 実質割合
¥100 ¥47 47%
¥500 ¥73 14.6%
¥1,000 ¥106 10.6%
¥5,000 ¥370 7.4%
¥10,000 ¥700 7%

上記のように、注文単価が低いほど手数料割合が高くなることが分かります。

これは、注文ごとにかかる40円の固定手数料が影響しており、注文単価が高いショップであれば影響はそこまで大きくありませんが、注文単価が低いショップは利益率に大きく影響してしまいます。

他のサービスとの比較

では、BASEと他のサービスの手数料の比較を確認してみましょう。

BASEと並んで人気の高い「STORES」、「Shopify」との手数料の比較は下記の通りです。

サービス 決済手数料 販売手数料
BASE 3.6% + 40円 3%
STORESフリープラン 5% 0円
STORESスタンダードプラン 3.6% 0円
Shopify 3.4% ※ 0円

※Shopifyの手数料はベーシックプラン、日本のクレジットカードを利用した場合

BASEの手数料は高い?

STORESは、月額無料のフリープランが5%、月額2,178円のスタンダードプランが3.6%の手数料が発生します。

Shopifyは、クレジットカードの種類やプランによって手数料が変わりますが、およそ3〜4%程度となっています。

このように、BASEは他のサービスと比べて手数料の設定が高めということが分かると思います。

BASEは月額無料であるとはいえ、STORESのフリープランと比べても1%以上の差があり、手数料を重視したいという方はBASEよりもSTORESの方がおすすめです。

BASEを利用するメリット

手数料に関しては少し高めですが、それでもBASEが人気を誇っている理由は、初心者でも簡単に始められるという点です。

Shopifyは高機能だが、初心者にはハードルが高い

まず、Shopifyに関しては非常に高機能なネットショップ開設サービスではあるものの、初心者の方が初めてネットショップを公開する上では少しハードルが高いです。

また、日本語へのローカライズが完全に整っていないため、ある程度カスタマイズする必要があります。

そういった理由から、初心者の方にはBASEかSTORESがおすすめです。

逆に、少し構築の手間がかかってもオリジナリティのある高機能なネットショップを作りたい!という場合はShopifyがおすすめです。世界規模で展開されているサービスということもあり、他のネットショップ開設サービスよりも機能が充実していて、細かなカスタマイズを行ってイメージ通りのネットショップを作ることができます。

これからネットショップを作るならShopifyが一番おすすめ!【2020年最新】

簡単に、しかも無料でネットショップを作れる

BASEもSTORESも無料でネットショップを公開するプランが用意されていて、初心者向けのサービスなので誰でも簡単にネットショップを公開することができます。

この2つのサービスの使いやすさや分かりやすさは他のサービスと比べても圧倒的で、初めてネットショップを作るという方はいずれかのサービスを使うことをおすすめします。

BASEとSTORESのどちらにするか悩んだ場合は、下記のページで2つの違いをまとめているので、ぜひ参考にしてください。

2021年最新!BASEとSTORESを徹底的に比較!

おすすめのネットショップ開設サービスは?

ネットショップ開設サービスの選び方は、基本的には下記のようなポイントでぴったりのサービスを選ぶことをおすすめします。

  • 必要な機能が揃っているか
  • ショップの規模に合ったサービスであるか
  • どのくらいのカスタマイズが必要になるか
  • どこまでデザインにこだわってショップを構築するか

「ネットショップは初めてだからよく分からない!」という方は、上記のようなポイントを見てもよく分からないと思いますが、そんな方はBASEかSTORESがおすすめです。

どちらも無料プランが用意されていて、会員登録を済ませばすぐにショップを作ることができ、デザインのカスタマイズや管理画面の操作感などを確認することができます。

次に、「大きな売上のある本格的なネットショップを作りたい!」という方は、STORESかShopifyがおすすめです。

STORESは、スタンダードプランに登録することで決済手数料を3.6%に抑えることができ、デザインテンプレートから好きなものを選ぶことですぐにショップを公開することができます。

Shopifyは、BASEやSTORESに比べるとショップ開設までの時間と手間はかかってしまいますが、カスタマイズが本格的に行えるので、企業でECサイトを作りたいような場合にはShopifyがおすすめです。

BASEに関連するおすすめ情報

【2021年版】BASEの評判や特徴を徹底解説!人気の理由はどこに? 2021年最新!BASEとSTORESを徹底的に比較! ShopifyとBASEを徹底比較!手数料やデザイン、機能など 初心者にはこれ!ネットショップサービス徹底比較【2021年最新】 【2021年最新】おすすめのネットショップ作成サービス比較・まとめ