ShopifyとBASEを徹底比較!手数料やデザイン、機能など

Shopifyは世界最大級のネットショップ作成サービスで、世界中の人がShopifyを利用してネットショップを運営しています。一方で、BASEは比較的新しいサービスで初心者がネットショップを作成する際によく選ばれるサービスですね。

この記事では、ShopifyとBASEの料金や機能など、色々な視点でShopifyとBASEを比較していきます。

Shopifyとは

Shopifyは世界中で利用されている世界最大のネットショップ作成サービスです。

日本のサービスと比べると利用者数は断然多く、機能が豊富であったりカスタマイズ性が高いなど本格派ネットショップにおすすめのサービスです。

【一番オススメ】2019年からはShopifyでネットショップを作ろう

BASEとは

BASEは、ネットショップ作成サービスの中でも初心者が使いやすいサービスであるという特徴があり、カジュアルに利用できるネットショップ作成サービスです。

他のサービスと比べると比較的最近できたサービスの1つで、従来のネットショップ作成サービスと違った機能なども多く用意されています。

なぜBASEは人気のネットショップ作成サービスなのか

ShopifyとBASEの比較

ネットショップ作成サービスを選ぶ時には色々なポイントを考慮して選ばなければなりません。今回は、下記のポイントに絞ってShopifyとBASEの比較を行いました。

  • 手数料の比較
  • 決済方法の種類の比較
  • デザインの比較
  • 月額費用の比較
  • 初期費用の比較
  • 振込手数料の比較
  • 入金サイクルの比較
  • 機能の比較
  • 商品登録の比較

では、ひとつずつ見ていきましょう。

ShopifyとBASEの手数料の比較

手数料は、決済方法などにもよりますが商品が売れるごとに発生する料金です。例えば、1000円で商品を販売した時に5%の手数料が発生してしまうと実際に振り込まれる金額は950円ということになります。

手数料は小さな違いに感じるかもしれませんが、利益率を高めるためにはなるべく手数料が安いサービスを利用することが大切です。手数料は大きく分けて下記の2つに分けられます。

  • 販売手数料
  • 決済手数料

それぞれどのような手数料なのかというと、次のような違いがあります。

販売手数料
商品が売れた時にサービス側に支払う手数料のことで、今回の場合はBASEやカラーミーショップに支払う手数料ということになります。
決済手数料
お客様の決済方法に応じて発生する決済代行会社に支払う手数料のことで、クレジットカードやコンビニ払いなど支払い方法によって変化します。

決済手数料はクレジットカード会社などに支払われる手数料なので、基本的にどのサービスを使っても一定割合の費用が発生していまいます。

ShopifyとBASEのクレジットカード払い時の手数料は下記の通りです。

販売手数料 決済手数料
Shopify 0円※ 3.25%~
BASE 3% 3%+40円

※Shopifyペイメント利用時

Shopifyの決済手数料は3.25%〜となっていますが、契約するプランに応じて決済手数料が変わります。具体的な手数料は下記のとおりです。

ベーシック スタンダード プレミアム
日本のクレジットカード 3.4% 3.3% 3.25%
海外のクレジットカード/AMEX 3.9% 3.85% 3.8%

また、上記の料金はShopifyペイメントを利用した場合の販売手数料となっており、コンビニ決済や着払いを利用する場合は販売手数料がかかってしまいますが、クレジットカードはShopifyペイメントで対応しているのでそちらを利用する場合は問題ないでしょう。

これは他のネットショップ作成サービスと比べても非常にお得な料率になっていて、手数料を抑えてネットショップを運営したい場合にはShopifyはとてもおすすめです。

Shopifyペイメントを利用することで、販売手数料を0円に抑えることができるというのが魅力的ですね。

ShopifyとBASEの決済方法の種類の比較

ネットショップでは、多くの決済方法を提供するほど利用者にとって使いやすいサービスを提供することができます。

すべての決済方法を提供する必要はありませんが、利用者が多い決済方法を提供することで売上の増加に期待することができます。

ShopifyとBASEが対応している決済方法は下記のとおりです。

Shopify BASE
クレジットカード決済
コンビニ決済
銀行振込決済
キャリア決済
後払い決済
代引き
PayPal
Apple Pay
Google Pay
Amazon Pay
楽天ペイ
仮想通貨決済

クレジットカードやコンビニ決済、キャリア決済などはネットショップを運営する上で欠かせない決済方法ですが、どちらのサービスも提供しているため問題ないでしょう。

ShopifyはApple PayやGoogle Payなど最新の決済方法にも対応している点が魅力的です。また、仮想通貨で決済することもできるなど、Shopifyの方が幅広い決済方法を提供しています

ShopifyとBASEのデザインの比較

ネットショップにとってデザインは非常に重要な要素です。扱っている商品や、ターゲットの客層に合わせたデザインのネットショップにするかどうかで売上が大きく変化します。

ショップごとに扱う商品やターゲット客層は異なるため、より多くの種類のテンプレートが提供されていたり、カスタマイズ可能かどうかが重要になります。

ShopifyとBASEの提供しているテンプレートの種類は下記のとおりです。

無料 有料
Shopify 10種類 70種類以上
BASE 14種類 29種類

無料テーマはShopifyが10種類、BASEが14種類で若干BASEの方が多いですが、有料テーマはShopifyの方が圧倒的に多いです。Shopifyは世界中で提供しているネットショップ作成サービスなので、その分多くのテンプレートを提供することが可能になっているのでしょう。

ちなみに、ShopifyもBASEもテンプレートを編集してテーマをカスタマイズすることが可能です。HTMLやCSSの知識があれば、テンプレートをベースにして完全オリジナルのテーマを作成することも可能です。

ShopifyとBASEの月額費用の比較

ネットショップを運営する上で月額費用は無視することができない費用です。一定以上売上がある場合は手数料の方が大事になりますが、あまり売上が多くない場合は月額費用の方が利益に大きく影響します。

ShopifyとBASEの月額費用はそれぞれ下記の通りです。

Shopify 29ドル〜
BASE 0円

Shopifyは無料プランが提供されていないため、一番安いベーシックプランに加入すると月額29ドルがかかりますが、BASEは月額費用0円でスタートする事が可能です。

Shopifyの月額費用

Shopifyには無料プランが提供されておらず、下記の3つのプランが提供されています。

  • ベーシック
  • スタンダード
  • プレミアム

それぞれのプランの詳細は下記のとおりです。

ベーシック スタンダード プレミアム
月額費用 29ドル 79ドル 299ドル
ネットショップ
無制限の商品
スタッフアカウント数 2 5 15
24時間体制のサポート
販売チャネル追加機能
手動で注文作成
ディスカウントコード
無料SSL証明書
カゴ落ち対策
ギフトカード
プロフェッショナルレポート
高度なレポートビルダー
外部サービスの自動計算送料

基本的な機能は最低プランのベーシックプランで利用可能です。ただし、決済手数料などの料金がプランによって異なるため、より売上が高いネットショップであるほど上位のプランを利用した方が合計の料金を抑えることが可能です。

それぞれの詳しい情報は公式サイトでチェックしてみてください。

BASEの有料Apps

BASEは月額費用が0円である代わりに、特定の機能を利用する場合には有料オプションである「有料Apps」に登録する必要があります。

  • BASEロゴ非表示:500円/月
  • 不正決済保証:980円〜/月
  • 振込申請プラス:980円/月
BASEロゴ非表示
BASEロゴ非表示を利用しない場合は、ショップのページ上部にBASEのアイコンが表示されてしまいます。そのため、本格的にネットショップを展開していく場合にはBASEロゴ非表示Appsは利用した方がいいでしょう。
不正決済保証
クレジットカードが不正利用された場合に売上の入金を補償してくれるサービスです。単価が高い商品などを扱う場合は、不正利用による損失が大きくなってしまうため加入しておいた方がいいでしょう。
振込申請プラス
売上金の「早期振込サービス」や定期的な自動振込が可能な「定期振込サービス」が使えるようになります。振込申請から入金までの期間を短縮することができるので、売上が確定してすぐ振り込んでもらうことができ、資金のやり繰りが行いやすくなるというメリットがあります。

その他にも無料Appsも提供されているので、気になる方は公式サイトでチェックしてみてください。

ShopifyとBASEの初期費用の比較

初期費用はネットショップを作る時に発生する費用です。ある程度ビジネスとして計画を立ててネットショップを作る場合はそこまで気にする必要はありませんが、趣味や興味でネットショップを作るときにはちょっとした出費が気になってしまいますね。

ShopifyとBASEの初期費用の比較は下記のとおりです。

Shopify 0円
BASE 0円

ShopifyもBASEも初期費用は0円となっています。サービスによっては数万円の初期費用がかかるものもあるため、初期費用の観点ではどちらのサービスも0円なので利用しやすいですね。

ShopifyとBASEの振込手数料の比較

振込手数料は、売上金を所定の銀行口座に振込した時に発生する手数料です。まとめて振り込む場合はそこまで手数料を気にしなくて良いかもしれませんが、頻繁に振込を行う場合は振込手数料が安いサービスを利用した方がいいでしょう。

ShopifyとBASEの振込手数料は下記のとおりです。

Shopify 0円
(Shopifyペイメント利用の場合)
BASE 振込金額が2万円以上の場合:250円
振込金額が2万円未満の場合:750円

Shopifyは、「Shopifyペイメント」を利用すると振込手数料が0円となっていて非常に魅力的です。

一方で、BASEも振込金額が2万円以上の場合は250円なので、頻繁に口座振込を行う方以外はあまり気にしなくて良いかもしれませんね。

ShopifyとBASEの入金サイクルの比較

入金サイクルは、売上が確定してから実際に売上金が振り込まれるまでのサイクルのことです。入金サイクルが短ければ短いほど、売上が確定してから実際に売上金が振り込まれるまでの期間が短くなるので、早く売上金が手に入ったり、資金繰りが行いやすくなるなどのメリットがあります。

ShopifyとBASEの入金サイクルの比較は下記のとおりです。

Shopify 翌週の金曜日(Shopifyペイメント利用時)
BASE 振込申請から10営業日

Shopifyは最短で5営業日、最長で10営業日で支払いが行われます。一方で、BASEは振込申請化から10営業日なのでShopifyの方が若干振込までのスパンが短いですね。

BASEの入金サイクルを短縮するオプション

BASEには入金サイクルを短縮するための「振込申請プラス」という有料Appsを提供しています。月額980円の費用が発生してしまいますが、下記のサービスを受けることができます。

早期振込サービス
振込申請から最短1営業日で売上金を振り込んでもらうことができる
定期振込サービス
月最大6回の締め日の最短1営業日後に自動的に振り込んでもらうことができる

早期振込サービス、定期振込サービスのいずれも通常10営業日の入金サイクルを大幅に短縮することができるので、早く売上金を振り込んでもらいたいという方にはとてもおすすめのサービスです。

ShopifyとBASEの機能の比較

ネットショップは扱う商品や客層よって機能を使い分ける必要があります。細かなカスタマイズを行うためにはサービス側がより多くの機能を提供しているかどうかが比較のポイントとなりますね。

機能の種類で見るとShopifyが断然有利ですが、BASEが提供する機能には他のサービスが提供していないものも多く、自身のネットショップの特徴や扱う商品に応じて利用するサービスを選ぶといいでしょう。

Shopifyのおすすめ機能

まずはShopifyならではのおすすめ機能をご紹介します。

数千種類のアプリ

ShopifyもBASEもアプリを追加して機能拡張を行うことができますが、Shopifyの提供しているアプリは数千種類と数の面で非常に優れています

レイアウトをカスタマイズするものから、マーケティングオートメーション、広告運用、おすすめ商品の表示など売上げアップにつながりそうなアプリがたくさん公開されているので、それらを利用することで売上アップを狙うことができます。

このあたりは世界中で使われているShopifyの規模だからこそ可能になるポイントですね。

多言語対応

Shopifyはグローバルに提供しているネットショップ作成サービスということもあり、決済画面などが50種類以上の言語に対応しています。

その他にも関税に関する設定ができたりするなど、日本国外も対象とする越境ECサイトを作る場合にはShopifyがもっとも適したサービスとなるでしょう。

BASEのおすすめ機能

続いてBASEの魅力的な機能をご紹介します。

オリジナルグッズ作成

BASEはTシャツやスマホケースが作成できるサービスのほか、pixivFACTORYやCanvathなどの外部サービスと連携して様々なオリジナルグッズを販売することが可能です。

通常であれば商品を先に仕入れたり生産するために費用が必要となるので、ネットショップ運営者はリスクを負って商品を販売しなければなりませんが、BASEでオリジナルグッズを制作して販売する場合は、注文が入ってから商品を生産するためリスクを追わずに商品を販売することができます

よくネットショップを作りたいけれど何を販売すれば分からないという方がいますが、そういう方はBASEでオリジナルグッズを制作して販売すると手軽にネットショップを始めることができるのでとてもおすすめです。

無料の商品撮影サービス

BASEには「商品撮影サービス」というAppsが用意されていて、無料で利用することができます。プロのカメラマンが商品の写真を撮影してくれるので、お客様に対して商品をより魅力的に見せることができ、売上のアップに期待することができます。

一度に依頼できるのが10点までで、3ヶ月期間をあけないと再度依頼ができなかったり送料は負担しなければならないので注意しなければなりませんが、商品の写真をプロに撮ってもらえるため積極的に利用した方がいいでしょう。

まとめ

しっかりと売上を上げるネットショップを作りたければShopifyがおすすめ

ShopifyもBASEも基本的な機能は取り揃えられており、ネットショップを作るという点ではどちらのサービスを選んでも問題ないと思いますが、決済手数料、決済方法の豊富さなどから本気でネットショップを作りたいという人にはShopifyがおすすめです。

月額費用は0円から始められるBASEが魅力的かもしれませんが、一定の売上が上がるようになったら決済手数料の割合が大きくなるのでShopifyの方がお得になります。

まずはBASEを使って手軽にネットショップを作り、売上が上がるようになったらShopifyに乗り換えるという選択肢もありかもしれませんね。

【一番オススメ】2019年からはShopifyでネットショップを作ろう

一方で、BASEはまずは手軽にネットショップを作りたいという人におすすめです。

BASEは初心者向けのネットショップ作成サービスなので、ショップ作成までがスムーズに行えます。

趣味や興味でネットショップを作ってみるという方にはBASEが合っていると思います。

なぜBASEは人気のネットショップ作成サービスなのか